30代、お肌の曲がり角の2回目!

 

30代女性の口元

 

お肌の曲がり角1回目の28歳でシミが気になりはじめ、

 

2回目の35歳で、シミ&クスミ&たるみ&ほうれい線と一気に悩みが増えてきます。

 

特に「お肌にどうもハリがない・・・」とあなたは悩み始めているかもしれません。

 

ハリ対策はある?

 

このまま、老け顔、おばさんまっしぐらに・・・・(涙)
なる前に、いくつか対策法をご紹介します

 

女性ホルモンをアップ

 

30代の中盤〜女性ホルモンがどんどん低下してくるため、
目や口回りにシワが気になり始めます。

 

【対策】
@岩盤浴などで体を温める

 

Aジョギングなど運動をこまめにする

 

B大豆イソフラボンが含む食品を取る
豆腐・納豆・豆乳など

 

B恋愛をする(※独身の方限定^^;)

 

化粧品で対策!

 

ディセンシアの”アヤナス”はお肌の老化、たるみ、シワ、ほうれい線が気になるためのコスメです。

 

トライアルキットが1480円なので、気軽に試せます。

 

【老化の早い敏感肌訴求】アヤナストライアルセット

 

→https://www.decencia.co.jp

 

※ディセンシアは敏感肌向けの化粧品のメーカーです。

 

美顔器で対策!

 

エステナードソニックROSE

 

美顔器

 

 

定期:980円(※13回以上継続)

価格 一括:34,952円(※ジェル12本まとめ買い)
種類 高周波・イオン
特徴
  • 毛穴の汚れをイオンの力でクレンジング
  • ガサガサな頬におすすめ
  • 30日間の返金保証あり

 

エステナードソニックは84万台突破!と2008年から売れ続けているロングラン商品です。

 

毛穴対策におすすめ・・・ですが、いきなり数万円も出せない・・・

 

という方は980円から始められる、定期コースがおすすめです。

 

30日間全額返金保証制度があるため、お肌に合わない場合でも安心です。

 

【エステナードソニックROSE 公式サイト】
→http://www.kenkoucorp.com/

 

 

 

お肌&美容のお悩みQ&A

 

お肌に悩みがある女性

 

顔にしわ・しみができる原因は?

 

顔にしわ・しみができる原因は、大きく2つ挙げられます。まず、紫外線。紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトという細胞がメラニンという色素を作り出し、肌を紫外線から守ろうとします。

 

メラニンが多く生成されると、シミとして沈着してしまいます。また、紫外線を浴びると体内で活性酸素が増加し、
肌の老化を急速に進め、しわやたるみを引き起こします。

 

多くの女性は、紫外線対策として夏に日焼け止めクリームなどを塗って対策していますが、紫外線は一年を通して降り注いでいますので、できれば年間を通して紫外線対策をおこなうことが必要です。

 

もう一つの原因として挙げられるのが、老化です。肌のうるおいを保つセラミドや、ハリを保つコラーゲンが減少していくほか、肌の生まれ変わりに必要なターンオーバーが遅くなり、角質層が厚くなって肌のきめが粗くなります。

 

また、肌のうるおいやハリを保つために必要な女性ホルモンの量も、加齢とともに減少していきます。年を重ねていくことは抗いようがありませんが、
常に保湿を怠らず、大豆イソフラボンなど女性ホルモンに似たはたらきをしてくれる食材を積極的にとるなど食事内容に気を付けるだけでも、肌の老化を軽減することは可能です。

 

 

 

 

顔にハリがない!その原因を解説!

 

顔にハリがない主な原因を、基礎化粧水などによるものと言う方も多いです。
ですが、自分の普段の生活習慣を改善することや、顔もストレッチさせてあげることによって回復することもあります。
例えば、睡眠時間を十分に取る。

 

これだけでも血色が良くなり、ハリのあるつややかな肌を手に入れられる方もいます。

 

ただたくさん寝るのではなく、自分がスッキリと起きられる睡眠時間を探り、かつ最低でも6時間はねること。

 

自分に合った睡眠方法でスッキリと起きるだけでも顔色が違ってきます。

 

食事は野菜とタンパク質をバランス良く摂取すること。

 

無理なダイエットを重ねた方の肌はお世辞にもキレイと言えません。

 

メイクで隠しても時間が経てばメイクは浮くし、持ちもよくありません。

 

ただこれも野菜だけをどれでも摂取すればいいというわけでもありません。

 

あれこれ考えるのが面倒であれば、旬な野菜を一通り食べ、果物も摂取し、脂の少ない肉を食べ
、炭水化物は取りすぎないこと、夜は動くエネルギーがこれ以上必要にならないので控えること。

 

以上に気をつけていれば十分ハリのある肌になることができます。
化粧水などで足りない部分を補う以前に、自分の私生活から見直すことで改善されることも多いのでおすすめです。